1. HOME
  2. ブログ
  3. ヨガ YOGA
  4. アシュタンガヨガトレーニングコースについて

アシュタンガヨガトレーニングコースについて

今月9月14日より開催されるアシュタンガヨガトレーニングコースについて
いくつか質問をいただいているので、お答つつ記事にしてみました。

まず一番多いのが、
Q「私(なんか)が受けてもいいのか?」
A シンプルにYESです。

こういったトレーニングコースは 先生、インストラクターを目指す人が受けるものだと思っている方が多いようです。
今回はあえてティチャートレーニングという文言を外しています。
それはヨガインストラクターの養成システムに関して思うことがあり、今後の展開について準備中なので今回は外しています。
i-yogaはその他のティーチャートレーニングコースをインストラクターを育てることだけが目的ではなく、
ヨガの知識を深めるため、そして何より「意識」を変えるということを目的としているからです。

意識が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

聞いたことありますよね。
アーサナ(ポーズ)をとることだけがヨガではありませんが
アーサナを行うのは「行動」の一つ、ヨガのひとつです。
トレーニングの内容はアーサナの理解を深めるレクチャーが大半を占めます。
なぜなら、意識を変えてもそれを行動に移さないと何も変わらないからです。
コースでアーサナの理解を深めることで、ヨガレッスン中の意識が確実に変わるはずです。

ヨガを始めて生活の中にヨガスタジオへ行く時間が増えたということは、生活リズム「習慣」が確実に変わりましたよね。
次のステップはその習慣の内容(アーサナの理解度)が変われば、体の変化も変わってくるはずです。
そもそもアーサナは正しく行えば体の不調が改善されると解説されています。
しかし、ヨガをやることで、しなくてもいい怪我をしてしまっては本末転倒です。
そのため、アーサナのレクチャーには時間をかけてトレーニングをする必要があります。

 

 

 

 

 

習慣が変われば「人格」が変わる・・・
体を心のつながりは言うまでもなく、体の不調は人の人格までをも変えてしまいます。
心の不調は体の不調につながり、やがて人格を変えてしまうのです。
現代病とも言われている鬱などはこういったメカニズムによるものではないでしょうか?
逆に人格(ココロとカラダ)が変われば運命が変わり、人生が変わるのです。

このトレーニングではすごいアーサナを軟体人間のようなポーズが取れるようになるためではなく、
ヨガをして身体(カラダ)が変わる→健康になる→仕事に趣味に意欲がでる→人生が楽しくなる。

そうヨガの目的は「より良い人生を生きるため」なのです。

実際に通常のクラスを受講している方より
高血圧の数値が正常になったり、不眠が改善されたり、何年もあった影が消えたり・・・
もちろんヨガだけのおかげではないと思いますが、ヨガを始めたおかげですと報告を受けるたときは
何よりも嬉しくyoga teacher冥利に尽きます。

ヨガの知識が増え自身が体感し、改善し、感動したら自分だけのものにするのが勿体無い。
自分以外の人にも伝えなきゃっ
そう思ったとき、いわゆるテーチャーへの意識が芽生えるのではないのでしょうか?
もちろん現在すでにティーチャー、インストラクターとして活躍されている方も、
学びに終わりはなく、常にブラッシュUP、アップデートが必要です。
以前に理解したこと(したつもり)も、「今」同じことを学んでも理解度は確実に違うはずです。

i-yogaでは全てのコースの基礎理念として
①知っている  ②理解している  ③できる  ④教える、伝える。
この4を軸に自分が今どこに在るのかを探っていきます。

そして今回は15.16日に開始されるVijay師のワークショップを含んだコースになっていることが
とても貴重で理想的なコースのスタートになりました。

*Kimiは9/1-13まで京都にてアップデート中!(UPデートの様)
再びVijayの元で練習、勉強してこのコースを迎えます。

ヨガの経歴や今の自分で感じている勝手なレベル(笑)は本当に関係ありません。
流派も問いません。

今やっているヨガに興味があり、時間、受講費等ご都合つく方はぜひ、トライしてみてください。
コース受講人数は私が責任持ってお一人、おひとりをケアできる少人数制にしています。

講師Kimi

残り名さまです。  2019/9/2現在

アシュタンガヨガトレーニングコース

お問い合わせは こちらメールお問合わせもしくは
LINE(お友達登録後トークにてご連絡いただけます)よりまたはスタジオにお越しの際にスタッフにお声掛けください。